土木事業

高度な技術で安全?安心なインフラを

トンネル、橋梁、ダム、河川、都市土木、鉄道や高速道路など、私たちの生活に必要不可欠なインフラ建設を通じ、より豊かな社会の実現と人々の安全?安心に貢献しています。近年、事業領域は、改修を含めた維持?更新分野への広がりが進んでおり、既存のインフラの長寿命化や機能強化にも積極的に取り組んでいます。また、3次元測量データや無人建機をはじめとした最先端のICTを駆使し、施工品質と生産性の向上を着実に進めています。

売上高
4,149億円
営業利益
438億円

売上高推移

  • 2019

    4,149

  • 2018

    4,101

  • 2017

    4,225

連結財務データ(単位:年 - 億円)2020年3月現在

事業方針

施工の自動化?省力化?自律化をめざした技術の開発と現場適用、および民間営業への取り組み強化に注力

  • CIMプラットフォームの活用による施工管理の効率化、生産性の向上をめざし、比較的施工の自律化が導入しやすい大規模土工やダムから、難易度の高い都市土木に至るまで、各工種に応じた技術開発と現場への適用を進めます。
  • 電力?ガス?鉄道などの市場動向の把握と受注ターゲットの絞り込みや、組織横断的な専門チームの活動を推進していきます。

ページトップへ

事業環境における機会とリスク

機会

  • 高度成長期に整備されたインフラの老朽化加速と、その維持?更新に向けたリニューアル市場の拡大
  • クリーンエネルギーの恒常的なニーズ
  • 人口減少社会を支えるIoT?AI?ロボティクスの進化と普及
  • 新興国の発展に伴うインフラ整備の需要増加と、官民連携による海外インフラプロジェクトの推進

リスク

  • 人口構造に起因する技能労働者減少による生産力不足のおそれ、建設コストの増加
  • 安全や品質上の重大事故が発生した場合の業績や企業評価への影響

ページトップへ

事業戦略

  • 人々の安全?安心とわが国の経済発展に寄与するインフラの新設?更新?長寿命化案件などの計画的受注
  • 社会?環境の変化に対応したエネルギー関連案件などの受注促進
  • 省力化技術?ICTを活用した設計?施工の拡大、IoT?AIを駆使した生産性?施工安全性のさらなる向上
  • 土木事業の川上?川下分野への進出による収益基盤の多様化
  • 現場就労環境の改善による社員?技能労働者の確保、育成支援などによる生産力の確保
  • 海外事業における各地域の特性に合わせた事業戦略の推進および国内外の連携強化による事業収益の安定化

ページトップへ